車の修理費用ガイド

車の修理を自分でしてみる

運転の最中につい曲がり角でぶつけてしまったり、車庫のサイドに車体をこすってしまうケースが考えられます。

 

この車を修理工場に持ち込めばすぐに修理はしてもらえますが、ちょっとのキズやへこみでもかなりの費用が発生してしまいます。

 

些細なキズならば、自分で修理してみるのも悪くない考えです。

 

それ以外にも車のメンテナンスなど個人で修理できる部分もあるので、ちょっと試してください。

 

車の修理道具は、車関連のお店やホームセンターなどで売っています。

 

準備はまず必要な道具を揃え、その次に作業しやすい広い場所を見つけましょう。

 

もちろん個人の修理には限界があるので、修理が可能な程度かどうか確認することが先決です。

 

例をあげれば、ドアのへこみがひどいときには、ドアを全取り替えする修理となります。

 

新しいドアにはもちろん塗装も窓ガラスもついていないので自宅で修理するには設備も技術も必要なので大変困難です。

 

もし塗装されているドアを購入することが可能なら、ドアの取り付け作業だけなので設備も技術もあまり必要ではありません。

 

つまりどの程度まで自分で可能なのかをわかっていることは、とても大切なことです。

 

どっちにしろ工場に依頼したほうが低価格で済んだとあれば、自分で修理する意味がありません。

 

バンパーについた微少なキズやドアの下部にあるわずかなへこみならば、自分で修理することが可能です。

 

自分でする修理方法はインターネットなどでも詳しくのっているので、参考にしてみてください。

 

 


車の修理を自分でしてみる関連ページ

保険で修理する場合の注意点
修理代を安くするには?