車の修理費用ガイド

保険で修理する場合の注意点

車の修理のときには修理箇所や破損状態にもよりますが、相当な出費が予想されます。

 

しかしそんな時に利用する自動車保険で難しいのは、保険で修理をすると保険料にはねかえったり等級を引き下げられたりする点です。

 

なので、修理範囲が小さければ自動車保険を使用するのはあまり良いことではありません。

 

それでは、どのレベルの破損だったら、自動車保険を使うべきなのでしょうか。

 

まず、契約している自動車保険の等級はいくつなのかを知ることが重要といえます。

 

一般的に自動車保険を使うと等級は落ちてしまうものですが、等級が下がった場合どの程度保険料が上昇するのかを確かめましょう。

 

数%程度のアップなら自動車保険を使用してもいいと思いますが、元々の等級が低いときには60%も保険料が値上げになるかもしれません。

 

そこで車の修理を始める前に、自動車保険を適用して修理しても大丈夫なのか確認しましょう。

 

今後の保険料金を考慮すると、保険ではなく実費で修理費用を負担した方がいい場合もあるのです。

 

自動車保険を適用させるか否かについては、事前に必ず確認してから判断しましょう。

 

保険料はこれからずっと払っていく必要があるので、一度保険料が引き上げられると次回からの支払いが苦しくなります。

 

等級のダウンなくそのままの状態で修理が可能なケースもありますので、前もって確かめておくことがポイントです。

 

自分が加入している自動車保険の内容をしっかり理解しておくことも大事になってきます。

 

 


保険で修理する場合の注意点関連ページ

車の修理を自分でしてみる
修理代を安くするには?