車の修理費用ガイド

修理代の相場につて

自動車事故、物損事故など車を修理する機会は少なくありませんが、その修理費にどの程度かかるものかという部分は気になります。

 

どういった修理にどのくらいお金がかかるのかを、事前に勉強しておくようにしましょう。

 

車の修理代金の相場を知っておけば、高額な修理代金にビックリすることはないでしょう。

 

どのような修理にいくらくらいの修理代金が必要なのかを、知っておくと得です。

 

例をあげるなら、マフラー交換でおよそ5000円、飛んできた石によってできたキズの修理は15000円・フロントガラスを交換した場合は約18000円が普通です。

 

タイヤのパンク修理であれば1本約2000円、こすったキズはミラーの場合5000円、フロントのバンパーにできたこすりキズは10000円以上となります。

 

当然ですがこの金額は国産車のケースなので、外車の場合だと修理費は高価になります。

 

工場ごとに金額が違いますから修理費用がわずかでも抑えられるところに持ち込みたいのですが、ちゃんとした修理が受けられるか判断するようにしましょう。

 

車を修理しなければならないときは、ディーラーに持っていくと少し修理費用が割高になってしまうのでよく検討することをお勧めします。

 

修理業者で車の修理する場合には、事前にどの程度の費用がかかってしまうのか見積もりを出してもらうと気兼ねなく依頼することが出来るのです。

 

車の修理費には結構な金額がかかりますので、きちんとした下調べを行ってから修理をお願いした方がよいのです。

 

 


修理期間について

車の修理期間は修理の作業内容により様々ですが、いったいどのくらいの時間がかかるものでしょうか。

 

車の修理に要する期間は、微細なキズやへこみならば3日から1週間程度で修理が可能でしょう。

 

少々目を引くキズや損傷でも、1、2週間くらいで修理を完了できます。

 

外車や特殊な車・部品を手に入れないと仕事ができないときには、取り寄せるための期間が修理の日程に上乗せされる計算です。

 

愛車の修理を頼むときは、部品の有無やおおよその修理にかかる日数などをチェックしましょう。

 

特殊な部品で日数がかかる場合には、修理工場から連絡があるのが一般的です。

 

年末年始など部品の注文時期により通常よりも時間を要することもあるので、修理日数が長くかかることもあります。

 

車の修理を頼む際には、自分の車の状況を明るいうちによく点検することを忘れないようにします。

 

修理済みの車にキズがあったなどといった事態が起こらないように、修理会社の人にも立ち会ってもらってチェックしましょう。

 

修理会社では客の要望を可能な範囲できいてくれることもあるので、なるべく早く修理したいというケースはその旨を伝えるようにしてください。

 

要望通り、修理期間を短くしてくれる場合もあります。

 

車の修理にどうしても時間がかかるようであれば、代車を借りるようにするとよいでしょう。

 

車の修理が済んだら、担当者立会いのもとちゃんと修理をした部分を確認します。

 

修理内容に納得できれば、修理が終了となります。